幻想日記

そろそろ目醒めたい

ひとり宇宙(オナニー)の話

昨日に引き続き、今日もオナニーの話をします。

 

オナニー、ひとりエッチ、マスターベーション、自慰、手淫、、、

 

言い方はいろいろありますが、これらは全て愛です。

 

愛の伝道師、劒持奈央(ケンモツナオ)さんは、オナニーのことを【ひとり宇宙】と表現されています。

 

私は、この【ひとり宇宙】という表現が大好きです。

 

劒持さんは15歳でレイプ被害に遭い、その後、摂食障害やうつなどの心身の不調に苦しみました。

 

自身の性を封印してしまった彼女は、あるとき、勇気を出して自分の体に触れてみました。

 

オナニーによって、オーガズムを体験。

 

そのとき、抑え込んでいたものやトラウマが解放され、自分の全てを愛せるようになったそうです。

 

彼女のことを詳しく知りたい方は、こちらの動画をどうぞ↓

 


www.youtube.com

 

 

 

 

オナニーは、自分の命に触れること。

 

自分を解放すること。

 

自分を愛すること。

 

自分の宇宙を創造すること。

 

とても美しいことだから、昨日の記事では、私のオナニーをそのまま表現しました。

 

 

 

ここは3次元、4次元の地球なので、こういう性の話はタブー視されがち。

 

【ひとり宇宙】という言葉も、通じないかもしれません。

 

それでも、私は表現します。

 

自分にとって「愛」と思えるものは、なんでも表現します。

 

自分の想いを伝えることも、愛。

 

自分の周りに、愛を循環させています。

 

愛で溢れています。

 

この状態は、まさにエクスタシー。